終電ラブストーリー

改札を出ようとすると社会人であろう身なりをした女性が切符売り場付近で叫びながら号泣しているのが見えた。立ったり座ったり、地団駄ふんだり、多様な表現をしていて、やや異常に感じられたから最初はそういう人なのかなと思ったけれどそういうわけでもな…

立体

一軒目で先方が完全に酔っぱらってしまったからこれはもうヤレるなということでホテルを探したのだけど、秋葉原にホテルはない。だから金の蔵から御徒町・上野方面まで……手を組んでね、オタクどもに見せつけながら移動していったそうだ。でも意外に距離があ…

奇特

だからなんだってな物事の輪郭を指でなぞっていくうちに夜が明けていて、陽の光をカーテン越しに眺めながらその時分には眠気に包まれていると望ましい。七、八年ほど前に治療してもらった箇所にはカブセモノがしてあるのだが、どうやらいつの間にかそれが欠…

幾分

サークルの後輩Hが言うには、彼女は顔にモヤのかかった異性にだきしめられる夢を見て以来「寂しさを自覚して周りとそれを共有するようにした」んですって。それを聞いて、僕は以前Hに失恋の愚痴を語らせる即興劇をやってもらったことを思い出した。この即興…

押忍

美談や醜聞に限らず、よく出来た話の類いを聞くと下世話な喜びを覚える傍ら「よくよく幸運なことだったな」と無闇矢鱈に唾を吐きかけたくもなります。つまり、我々は『よく出来た』と思わせる為に施された工程をしばしば忘却し、素朴に事情を信仰してしまう…

寄席の話

ここ数日で色々なものを見たので、それらへの感想をまとめて書く。 まず一昨日。上野広小路亭に行った。小さい寄席で、客席の殆どは老人が占めている。出てくる芸人さんはほとんどベテランの域に達しているはずだが、ちょこちょこと滑る。若手の芸人さんのよ…

三月の愚痴

趣味で参加している演劇で四月末に公演があるため、今月は練習に忙しい。台詞を覚えて話すだけならこれまでの要領でもこなせるのだけど、今回の公演では私史上初めてダンスを劇中でこなさなくてはならないので、ある程度は激しい動きも出来なくてはならない…

人の見ないブログ

一日のうちに起こる様々な出来事を出来るだけ個人的な立場からかきとめておく必要に駆られているので、かいていこうと思います。悪口をかき散らすという意味ではありません。